不動産を高く売るには?高額売却のポイントやNG行動をご紹介!

公開日:2023/02/15 最終更新日:2022/11/18

不動産を売却するとき「できるだけ高く売りたい」と思うのは当然でしょう。不動産の売却価格は、その売り方が左右するといっても過言ではありません。間違った売り方をしてしまうと、低い価格で売ることになってしまいます。そこでこの記事では、不動産を高く売るためのポイントを解説します。

不動産を高く売るために事前にすべきこと

まずは、不動産を高く売るために事前にすべきことを押さえておきましょう。

物件の清掃

不動産を高く売るためには、まず物件の清掃をしておきましょう。不動産を売りに出すと、購入希望者が内覧に来ます。そのとき、物件が汚いと購入希望者に「買いたい」と思ってもらえません。

思わず買いたくなるような物件に見えるよう、細かい部分まで清掃をしてください。また内覧は急に決まることもあるため、物件の清掃は事前にしておきましょう。

売却相場を調べる

不動産を売りに出す前に、売却相場を調べておきましょう。事前に売却相場を調べておけば、不動産会社が提示してきた査定金額が適正かどうか判断できます

不動産会社が相場を教えてくれることもありますが、媒介契約を結びたいがために多少ごまかしている可能性もあります。そのため、売却相場は事前に自分で調べておきましょう。

必要書類の準備

不動産売却には、たくさんの書類が必要になります。売却が円滑に進むよう、準備できるものは事前に準備しておきましょう。不動産売却に必要な主な書類は、登記済経理賞、測量図or境界線確認書、固定資産税納税通知書、建築確認済証、間取り図、維持管理費用書類、管理規約書類です。

不動産を高く売るために押さえておきたいポイント

事前準備ができたら、いよいよ不動産会社に査定を依頼します。実際に売却活動で高く売るために押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

査定は複数の不動産会社に依頼する

不動産会社に売却の査定を依頼するときは、複数の会社に依頼しましょう。不動産会社によって、査定金額は異なります。そのため、一社だけで不動産会社を決めるのはとても危険です。また、査定金額だけでなく、査定のときの担当者の方の対応や相性もチェックしておきましょう。大切な不動産のため、より信頼できる不動産会社を選んでください。

売却時期を見極める

不動産を高く売りたいなら、売却時期を見極めましょう。不動産は、高く売れやすい時期と売れにくい時期があります。

新生活が始まる3~4月は不動産の需要が高くなるので売れやすいですし、反対にほかの時期だと少し価格が下がりやすくなります。そのほか、築年数や税金関係、ローン金利によっても高く売れるか売れないかが決まるのです。

そのため、不動産をより高く売りたいなら、売却するベストタイミングを見極めるようにしましょう。

内覧では魅力をたっぷり伝える

購入希望者が内覧に来たら、物件の魅力をたっぷり伝えましょう。事前の清掃に加えて、日当たりもよくなるようにしておきましょう。戸建てだと、庭の木が影になっているというケースもあります。きちんと剪定をして、日当たりのよい明るい部屋にしておくと、好印象を持たれます。

また、購入希望者への対応も真摯に行いましょう。たとえば、内覧で過去の補修歴やリフォーム歴を聞かれることがあります。そのとき、すぐに詳しく説明できるようにしておいてください。

不動産を売るときにしてはいけないNG行動

ここからは、不動産を売るときにしてはいけないNG行動をご紹介します。これから不動産売却を考えている方は注意しましょう。

不動産会社の言いなりになる

不動産を売るにあたって、事前に相場や不動産情報を調べず、すべて不動産会社に任せるのは絶対にやめましょう。不動産会社言いなりになっていると、自分の希望売却価格よりも低い価格にされてしまう可能性があります。

売却活動は不動産会社にサポートしてもらうことが必要ですが、あくまでも不動産の所有者はあなたです。自分が主導権を握っていることを忘れずに、不動産売却を進めましょう

査定金額だけで不動産会社を判断する

複数の不動産会社に査定依頼をすると、査定金額が高い不動産会社に飛びつきたくなるでしょう。しかし、あまりにも高い査定金額を出してくる不動産会社には注意してください。

そのような不動産会社は、どうしても仲介手数料を取りたいがために、わざと高い金額を提示してきて、後から値下げしていく可能性があります。結局不動産は、相場付近の金額でしか売れないのです。

値下げ交渉に応じない

不動産売却では、買主から値下げ交渉されることがあります。すると、もっと高い金額で売りたいからと値下げ交渉に応じない方がいるのです。しかし、不動産を賢く売るためには、値下げ交渉に応じることも大切になります。

値下げ交渉に応じないまま、結局その購入希望者の方には売れず、その後も売れ残ってしまうことも多いのです。そのため、最初から値下げ交渉されることを想定して、少し値下げしてもよいような価格設定をしておきましょう。

まとめ

今回の記事では不動産を高く売るためのポイントをご紹介しました。また、高額売却のポイントややってはいけないこともありました。不動産を高く売るためには、事前準備がとても大切です。

また、不動産売却に関する知識を知っておくことも重要でしょう。大切な不動産を売るため、信頼できる不動産会社を選び、少しでも高い価格で納得のいく不動産売却をしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめの不動産売却業者一覧

新着記事

       その他の鹿児島の不動産会社をご紹介!        

その他の不動産会社一覧

       鹿児島のおすすめを徹底比較!        

不動産会社比較表

イメージ
会社名住まいネットMBC不動産南日本ハウス大京穴吹不動産川商ハウス明和不動産オーリック不動産
特徴マンション売却に強い!売却経験豊富なスタッフが親身にサポート地域密着50年!これまでの経験を活かした正確な査定29人の売却専門家が在籍!豊富な取引データを活用し提案全国No.1のネットワーク!積極的な売却活動を実施確実な取引を実施!あらゆる不動産の売買をサポート的確なアドバイス!経験や知識が豊富なスタッフがサポート丁寧な売却サポート!積極的な宣伝活動で確かな売却を実現
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら